猜疑心と空虚な花

猜疑心と空虚な花

~♪~

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

さよならテレビ

最近までずっとヤバい状況だった。

仕事で関わる特定の人間としか会話しない。
仕事が無いときは、家族以外の誰とも話さない事が多い。
人と好んで話す事が少なくなった。
人と関わらずテレビを見て過ごす事が多く。
テレビを見て一日をやり過ごしては無力感を感じていた。

テレビは大量の情報が勝手に流れていて
目を開けているだけでその情報を手に入る。
目を開けているだけ・・・。
バラエティー番組を見れば何もしなくても
目を開けているだけで楽しめる。
完全に受け身の状態。

この目を開けているだけで情報を得たり、楽しんだり
自分では全く何もしなくて良いこの状態に
どっぷり浸かっている事がほとんどだった。

そんな状態が続くとそれが性格にも影響する。
やはり何事にも受け身になってしまい
自発的に何かをする事が面倒くさくなってしまう。

はっきり言ってこの状況はヤバい!!

そして、何より最悪なのが
「これがヤバい!」と感じれる思考回路までも
なくなってしまうところにある。

僕は長年の間、これがヤバい状況にあるという事に
気付きさえしなかった。

この状況を脱却できたのは、ふと
「テレビがない時代の人は一体何をして過ごしていたんやろうか?」
と偶然、思ったのがきっかけで、
それを深く考えて考えて考えて、
考えていった結果、自分が究極の受け身状態にあると気付けた。

考えると脳が刺激される。
たまたま、ふと思いついた事を繰り返し繰り返し深く深く追求していった事により
思考回路が復活した感じがした。

それを機にテレビの電源をつけるのをやめた。

そして、なぜか小学生時代の自分の発言を鮮明に思い出した。

「大人の人と話すのが好き」

小学生の時、
親の仕事の手伝いをする事が多かった為、
先生以外の色々な大人と話す機会が多かった。

小学生の自分から見た大人達は
自分の知らない世界をたくさん知っていて
みんながみんな物知り博士の様に思っていた。

大人と話す事でたくさんの知識を得れるという事に
喜びを感じていたから
友達には「大人と話すのが好き」と言っていたんだと思う。
親の仕事の手伝いは、大人と話す目的の為にやっていた。

僕は大人と話す事で色々な事を学んでいた。
そして何より人と会話する事で知識だけじゃなく
自分の意思、積極性を身につけた気がする。

人と話すのにはパワーを使う。
テレビの見過ぎでパワーが有り余っているので
とりあえずパワーを使い切ろうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる    ジャンル : 心と身体
 
 

Comments

ブログ開始 
うえQ元気か?
この前電話して以来やな。
暇なんでアメーバブログ始めました。
気が向いたら更新するんで宜しく。

http://ameblo.jp/eg6-7300/

 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

sagibana

Author:sagibana
猜疑心と空虚な花
(サイギシンとクウキョなハナ)

ありさ(Vo)
うえQ(Gt)
ハマ(Dr)

フリーエリア
現在の閲覧者数: インディーズバンド試聴サイトaudioleaf にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。