猜疑心と空虚な花

猜疑心と空虚な花

~♪~

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

【失恋して学んだ事】~ボブ

【失恋して学んだ事】
このお題を考えた人間が
ニヤニヤしながら俺の週を待ってた事は一目瞭然。




なので
真っ向勝負でイキたいと思う。




サギバナナお題
【失恋して学んだ事】著者ボブ
始めます。








それは幼稚園の頃
ななめ向かいのアパートにマチコ姉ちゃんって人が住んでいた。

歳は25歳くらいで、とても優しく美人だ。
僕は毎日のようにマチコ姉ちゃんの家へ遊びに行った。

二人でお絵かきをしたり
本を読んでもらったり
なぞなぞをしたりと
とても楽しかった。


いつしか僕はマチコ姉ちゃんに恋をした。


しかし
その淡い恋心も一瞬で散った。

マチコ姉ちゃんには彼氏がいるのだ。


彼氏が野球が好きなこと
仕事熱心だということ
とても優しいこと
そんな話を僕にするマチコ姉ちゃん。


正直聞きたくなかった。

でも嬉しそうに話すマチコ姉ちゃんを見ると
僕も嬉しいので黙って聞いた。




しかし事件が起こった。


その日も二人でお絵かきをしていた。
しかしマチコ姉ちゃんの元気がない。

「どうかしたの?」僕がたずねると
マチコ姉ちゃんの目から涙が溢れてきた。

話を聞くと彼氏にフラれたらしく
「私がいけないの・・・」という言葉が印象的だった。


僕もなぜだか涙が出た。


次の日から僕はマチコ姉ちゃんを元気にすべく
おもちゃ、本、お菓子などを持ってアパートへ行った。


でもマチコ姉ちゃんは全然元気にならない。




『あの笑顔を見たい』




その一心で毎日毎日アパートへ行った。


そんな努力も1週間が過ぎようとした頃だった。

その日も両手いっぱいのお菓子を持って
いつものようにアパートのチャイムを鳴らす。

しばらくしてマチコ姉ちゃんが出てきた。


驚いたことに昨日までとは打って変わって元気だった。

そして
「ごめん、今日お客さん来てるの・・・」
そう申し訳なさそうに言った。

「わかった。また来るね」

僕が帰ろうとすると部屋の奥から声がした

「マチコ~」

風呂場から腰にタオルを巻いた男の人が出てきた。

すると少し照れ臭そうに
「あ・・・、彼氏。仲直りしたんだ」
マチコ姉ちゃんは言った。

そんな笑顔を見て
僕は嬉しいような少しせつないような・・・ってより
一目散に走って逃げた。




ダッシュ




ダッシュ




ダッシュ




ダッシュ




今なら
水前寺清子でないほうのチーターにだって勝てるのではないか?
そのくらいのダッシュで。







マチコ姉ちゃんの彼氏は
スキンヘッドに全身入れ墨だらけ・・・


・・・完全にヤクザ屋さんだった。






失恋して学んだ事






その結果が今の僕です。
スポンサーサイト

 
 

Comments

お久しぶりです。 
このコーナーおもしろいですよね♪
前みたいに皆さんココに書き込めばいいのに、と思ってるのは私だけ・・・?
マーミィへ 
【だいたひかる】かっ!!
(このツッコミの意味に付いてこれない人はそれでよい)

来週は謎のニューカマー、ドラムのハマ君のサギバナナだにょ。

 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

sagibana

Author:sagibana
猜疑心と空虚な花
(サイギシンとクウキョなハナ)

ありさ(Vo)
うえQ(Gt)
ハマ(Dr)

フリーエリア
現在の閲覧者数: インディーズバンド試聴サイトaudioleaf にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。