猜疑心と空虚な花

猜疑心と空虚な花

~♪~

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

仕事始め

バンドのMCでは一切喋らない。
だから僕はあまり客の記憶には残らない。
なので印象強くするために12月に髪の毛に白のメッシュを入れた。
だから現在の僕の髪型はロンゲのホワイトメッシュ。
と言いたいところだが毎日のシャンプーで
ホワイトの色が落ちて
今は金髪メッシュになっている・・・。

12月21日、寝屋川VINTAGEでライブをしたけど
実際に僕が客にインパクトを与えていたり
覚えてもらいやすいか疑問があった。
でもその疑問を解決してくれる出来事が今日あった。

 
元旦早々から初出勤。

会社の入っているビルの前に着くと
元旦なので、会社の入っているビル自体が休みで
普段入り口にしている表玄関と
休日の時に入る裏玄関の両方のシャッターがおりていた。

『これはどっから入るんだ?』
と立ちすくんでいると
恐らくこのビルに用事のある他の会社の人と思われる人達が
僕の知らないビルの方向に歩いてるのが見えたので
僕はその後について行った。

着いたところは夜間用入り口で
そこに会社の上司達がセキュリティーカードを持って立っていた。

しかし、そこに僕の担当の部署の上司の姿はない・・・。
仕方なしにそのまま入ろうとすると
『セキュリティーカードがないと駄目やで!』
と別の部署の女上司が言った。


『なぜだぁ?僕はちゃんと時間通りに出勤している。』
『ここに時間通りにいないここの会社の人間が悪い!』
と、かなりイラっとしたが
この女上司はこの職場では
僕の心の支えNo3くらいに入る
かわいい人だったので
そこは笑顔でやり過ごした。

しかし、その間、あとから来た他の部署の人達は
各部署の上司からセキュリティーカードを受け取り
次々とビルの中に入って行く。

待つ事5分・・・。
僕の部署の上司がいっこうに降りてこない。
見るに見かねたのか
さっき僕に注意した女上司が呼びに行ってくると言い
ビルの中に入って行った。

待つ事更に5分・・・。
息を切らして走ってくる僕の部署の上司。
『ごめ~ん、うえQの事、忘れてたわぁ~。』
『さっきまでココにおってんけど、もうみんな揃ったと思っててん!』
『ごめんごめん・・・。』
忘れてたって・・・。

・・・正月早々、縁起の悪い仕事初めになった。

エレベーターの中で、僕を呼びに行ってくれた女上司の話になった。
『○○さんがな、下で、髪長い金髪メッシュの子が待ってるで!と教えてくれてん!』
『それを聞いて、あっ!うえQやぁ~の事、忘れてた!って気付いてん!笑』
僕は髪長い金髪メッシュでわかるようだぁ。

今思えば確かにそうだった。
女上司は呼びに行ってくれる時に僕の名前も聞かずに走り去って行った。
ここの会社なら普通、名前を確認するのが当然なのに。
そして案の定、女上司は僕の名前は知らなかったようだ。

ライブステージ上ではどうかはわからんが
日常生活の視点で見れば覚えやすいんやろうなぁ~。
覚えやすいって事は安易に悪い事できないなぁ・・・。
って事で今年は悪い事はせず、一日一善の気持ちで行きます。
スポンサーサイト
 
 

Comments


 
<- 09 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

sagibana

Author:sagibana
猜疑心と空虚な花
(サイギシンとクウキョなハナ)

ありさ(Vo)
うえQ(Gt)
ハマ(Dr)

フリーエリア
現在の閲覧者数: インディーズバンド試聴サイトaudioleaf にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。